今期の主な深夜アニメ枠変動は以下のとおり。

  1. MBSの月曜深夜枠が火曜深夜に移転(前期から継続のものも10月から移転)し、「アニメ特区」の名称が新たに付与。

テラフォーマーズ

  • 朝日放送 水曜 26時14分〜 10月1日〜
    • 水もん第1枠
    • キー局の次点だが、MXでは9月26日から放送開始のため5日遅れ。
    • OVAとTVAのメディア同時展開で、OVAが原作1巻、TVAが原作2巻以降をそれぞれ基としている。
    • 「G」がテーマのアニメその1。こっちは昆虫的な意味のG。しかもGが駆除する側である。
      • アニ関内ではあいなまあずにゃんと言えばだいたいこのアニメのことだと認識される。由来は深く考えるな。
    • A/Z?から仮性もとい火星つながりでもある。そりゃ火星にGをばら撒かれりゃ戦争もしたくなるわ。
    • 蟲師後半と共に今期水もんはまさに蟲もんとも言うべきラインナップに。
    • 規制が酷い。シーンによっては規制で何がおこっているのかわからないこともあるうえ、隠し方も下手である。そのためこれが原因で視聴意欲を削がれる住民も。
      • なおGの殺戮には特に規制は無い。
    • さらに回想シーンが非常に多くテンポがクッソ悪い。これが原因で(ry
    • 今期の初回で幼馴染が死ぬアニメその1。
      • 別の話でも幼馴染には容赦がない。まさかモブの中に梶くんでもまじっているのか…?
    • 今期のおもらしアニメその1。
    • 最後はいわゆる俺たちの戦いは(ryED。原作が終わってないからねしょうがないね。

旦那が何を言っているかわからない件

  • KBS京都 木曜 25時30分〜 10月2日〜
  • サンテレビ 月曜 26時30分〜 10月6日〜
    • スト?プラ?犬猫に続く一迅社の5分アニメ。
    • 第1話からCVゆかりんのキャラが結婚ということでちょっとした話題に。

ガンダム Gのレコンギスタ

  • 毎日放送 木曜 25時49分〜 10月2日〜
    • アニメイズム第1枠。2クール。
    • 初回は2話連続放送の1時間SP。
      • バレー中継の延長で放送への心配もされたが49分遅れ(通常より59分遅れ)で無事放送。一方で同日開始予定だったTBSの甘ブリは放送延期の憂き目に。この時EPG上で甘ブリの放送時間が5分になったことが住民の間でネタにされることに。
    • 雑誌情報では「機動戦士ガンダム」の生みの親であり総監督の富野由悠季が全話の脚本を手掛けるとの事。富野監督が過労死しないか心配。
    • ビルドファイターズ(ガンプラ)シリーズやガンダムさん(1stのパロディ・関西未放送)、UC(OVA)を除けばAGE以来3年ぶりのテレビで放送されるストーリー物のガンダム。ただし放送枠は同じMBS製作でも日5枠では無くイズム枠に。
      • 1話〜3話までの先行上映が8月23日〜9月5日まで日本各地の映画館で行われている。
      • 「セリフが全部富野口調」「トイレシーンが見所」との情報が。放尿・脱糞シーン有り確定か?
      • 3話にてついに脱糞シーンが。脱糞中に謎の歌が流れるという凄まじいものだった。
    • 今期のサンライズ製ロボアニメその1。こちらはガンダム、それも生みの親による最新作。
    • 「G」がテーマのアニメその2。こっちはガンダム的な意味のG…のはずだが、「G-セルフ」と意味深な名前のMSが登場するあたり、そっち方面のGでもある?
      • 富野監督曰く、ガンダム的な意味のG以上に「G」は「元気(GENKI)」の「G」と強調している。
    • 初回放送時にラライアちゃんが「じい、じい」という単語を連呼していたためスレ及びスレタイは「自慰」で溢れかえった。もうやだこのスレ。
      • EDでは歌詞の「元気のGは始まりのG Gのレコンギスタ」という部分が(ry。御大大激怒不可避。
    • 本編の内容的には日曜17時枠でも良さそうだったが、自慰連呼では夕方枠は無理だったようだ。
    • 初回の1時間SP時には3kを記録したが、その後はレス数は落ち着いている。
      • 富野節全開であるため好みが大きく分かれるのもあるが、情報量が非常に多くテンポがいいため見入ってしまう住民も多く実況には向きにくいという声も。
    • 富野監督の台詞回しには高い中毒性がある。特に毎週変わる次回予告ラストのベルリの決め台詞は決まってネタになり、真似したくなる住民多数。
      • 見たくなくても見る!
      • 見たくなったでしょ?
    • 木曜アニメプログラム終了後の雑談でこのアニメについての疑問・質問に答えてくれる謎の住民が出没している。
    • 敵味方双方で登場勢力が多く、勢力がこんがらがる住民多数。

牙狼〈GARO〉-炎の刻印-

  • テレビ大阪 金曜 26時10分〜 10月3日〜
    • 2クール。
    • 「G」がテーマのアニメその3。こちらのGは「GARO」。

ログ・ホライズン 第2シリーズ

  • NHK Eテレ 土曜 17時30分〜 10月4日〜
    • 第1期の続編。
    • アカツキちゃんが一人おいてけぼりに…。現地妻を作られてしまったら?どうしよう。

魔弾の王と戦姫(ヴァナディース)

  • 毎日放送 土曜 25時58分〜 10月4日〜
    • アニメシャワー第1枠。
      • この枠としては実に4年3ヶ月振りの1クール作品。
    • MF文庫J5大アニメ化企画最後の刺客。
    • 前期までの作品群やキャラデザのせいで放送前はタイトル的に「特区の2〜3枠目向けじゃね?」という先入観を持たれていたが、MF系としては珍しくエロ分の少ないガチガチのファンタジーもので意外と見れると言う声が多い。流石はアニシャワに配置する作品と言ったところか。
    • すみぺ演じるツインテールの幼馴染メイドのティッタちゃんは15歳ながらロリかわいい。しかし話の流れ的に滑り台行きがほぼ確定している可哀相な幼馴染である。
      • ちなみに彼女の関連の雑談でよくレイプの話題が出るのは2話で実際にレイプされかけたからである。
    • 基本的に女キャラの胸が大きく貧乳扱いされているキャラでもそこそこ大きい。これは原作の絵師の趣味の側面が大きいらしい。

selector spread WIXOSS

  • 毎日放送 土曜 26時58分〜 10月4日〜
    • アニメシャワー第3枠。
    • infected(第1期)の続編。分割2クールの後半。
    • 今期はアニメイズム3枠目が2クールアニメ?で埋まっているためアニメシャワーに枠移動となった。
      • MXは金曜深夜のままのため関西最速ではなくなることに。代わりに枠の待遇は良くなった。
      • ゆゆゆが下手をすれば鬱方面に行きかねないため、そうなった場合これとの連チャンになると間違いなく胃もたれを起こすためそれを防ぐための編成の気遣いなのかもしれない。
      • …とか言ってたら移転後はこれの直後に(別の方向で)胃がもたれるアニメが来てしまった。今期アニシャワ後半は良い意味で胃(と腹筋)に悪いアニメが連続する。
    • 前期では顔見せ程度の登場だった偽八九寺ちよりちゃん&エルドラが本格的に話に絡むことに。
      • しかしひっとえーちゃんに挑んだバトルで3敗目を喫し願いの逆流によりエルドラやるぅ子ちゃん達に関する記憶を失い普通の女の子に戻り退場。このドス黒い世界観の作品においてある意味ハッピーエンドと言えよう。
    • ルリグになった遊月はなんだかんだでルリグ生活をエンジョイしているようである。
    • イオナは相変わらずのガチレズっぷり。ルリグになっても一切ブレていない。
      • でも話が進むに連れてどんどん丸くなっている。主人であるるぅ子ちゃんに感化されたか。
    • アキラッキー改めアキラブリー爆誕。貧乏属性も会得し、ネタキャラ路線を驀進中。やっぱキルミー赤崎って天才だわ。
    • 前期から人気のあったこともあり初回から3k越えを記録し幸先のいいスタートを切る。
    • 前期に引き続き提供映像が毎回gif動画風と、まさに公式が病気。ただしあきらぶりーの出ない回は遊ばない。
    • 今期の顔ゲイ枠その1。ウリス(ウリ奈)の狗に成り下がりパワーアップしたあきらぶりーの豊かな表情やウリ奈のゲス顔が拝める。
      • そんな顔ゲイに負けじと中の人もすごくがんばっている。アキラブリー赤崎とくぎゅによる新旧演技派声優の凶演は他のアニメではなかなか見れないだろう。

七つの大罪

  • 毎日放送 日曜 17時00分〜 10月5日〜
    • 原作は週刊少年マガジンで連載中の漫画。2クール。
    • まさかの被り方をした「七つの大罪」がテーマのアニメその1。こっちはタイトル通り。
    • 主人公のメリオダスを梶君が演じているためアニ関内での通称は「梶の大罪」。幼馴染をいっぱい殺してるからねしょうがないね。
    • ヒロさんって言うなよ!絶対だぞ!久野ちゃんとの約束だ。
    • あとあいなまは出てないからな!声当ててるのはあくまで悠木ちゃんだぞ!

天体(そら)のメソッド

  • KBS京都 日曜 23時00分〜 10月5日〜
  • サンテレビ 日曜 24時30分〜 10月5日〜
    • KBS日曜深夜新設枠その1。日曜深夜をSUNと同じ1日3本と大幅に増やしてきた。
    • solaのメソッド」という変換が思いつくだろうが、久弥直樹氏つながりなのであながち間違ってはいなかった。
    • 柚季ちゃん(CV:あいなま)が頑なに円盤を嫌う事がネタになる。関係者「やめてください円盤が売れなきゃ死んでしまいます」
      • ただ4話ではののかちゃんへのガチビンタや往来する車を止めたりとあまりに度が過ぎたプロ市民ぶりな上に円盤を嫌う理由が説明不足だった*1ため、器の広さに定評のあるアニ関民もさすがにウザいと感じたらしく実況中ながら柚季ちゃんに対してかなりの罵声が飛んでいた。
      • しかし5話で突然の和解。円盤反対の動機といい視聴者への説明不足な所がやや目立つ。とは言えノエルちゃんのかわいさに専念できるのならば現状は問題なしか。というか和解後の柚季ちゃんはとてもかわいくなっている。
    • ノエルちゃん(CV:いのすけ)は円盤。実際にぴょんぴょんしてたり一挙一動がロリかわいい。
      • ただロリかわいいだけでなく、演技や演出の細部に拘りが見られる。
      • そのため雑談中に円盤と言う単語をノエルちゃんに変換することも。ノエルちゃんの売り上げ(意味深)。ノエルちゃんは7000円と言うのもこれが元ネタ。
    • Q.天メソって面白いの?
      • A.ノエルちゃんがかわいい
    • まあとにもかくにもノエルちゃんマジ天使。ノエルちゃん不在の12話はスレ住民がお通夜モードに…。

失われた未来を求めて

  • KBS京都 日曜 23時30分〜 10月5日〜
  • サンテレビ 月曜 24時00分〜 10月6日〜
    • KBS日曜深夜新設枠その2。SUNは前期復活した掘りウッド1期?と同じスタチャ枠なので、新設というよりはKBS日曜24:00枠が30分繰り上がったと見るべきか?
    • 前期大好評だったろこどる?「人生」?のfeel.制作。しかし番宣からフル3DCG疑惑が浮上していた。
      • そしてその作画はCGではなかったが凄まじく違和感を覚える。崩れてるわけではないのだが…
      • 3話以降は持ち直して安定傾向に。やはり前期の2作同時制作かつ直後のクール放送と言う事で最初の2話分にしわ寄せを受けたと思われる。前期2作最終回はスタッフ総動員、特にろこどるのライブシーンに全力を注いだ直後と考えれば、息切れも致し方無しか。
      • ただ終盤でまた万策が尽きたらしく、ゆいちゃんの服がアハ体験するカットがあった。
      • そしてそんな作品の前に超弩級の作画レベルを誇る神バハを置くSUNの編成は本物の鬼畜である。比較するのはやめて差し上げろ(血涙)
    • 今期のエロゲ原作アニメその1。
      • ただ原作の製作会社はすでに倒産している。版権が別の会社に移って新作を出すという話もないため、なぜこのタイミングでアニメ化されたか謎が多い。
      • 同枠で放送した分割2クールの掘りウッドの穴埋め用として利用された説も。
      • ちなみに長らく病床に伏していたゴトゥーザ様の一時復帰?を経た本格的な復帰作でもある。
    • 今期の初回で幼馴染が死ぬアニメその2。
      • でもループものらしくEDでは復活していた。
    • ちなみにその幼馴染・佳織ちゃんは1話時点で大量の負けフラグを内包している。加えて1話ラストで裸の女の子が降ってくるという展開…もう(勝てる未来なんて)ないじゃん…
    • そんなほっといたら死んじゃうファイナルディストーション系幼馴染の佳織ちゃんをどこからともなくやってきた謎の女の子ゆいちゃんが助けようとがんばる話。
      • でも最終的には佳織ちゃんがゆいちゃんに試合(生死)で勝って勝負(恋愛)で負ける展開になるのではと危惧されている。
      • 佳織ちゃんはその存在自体が死亡フラグなためか些細なことで捻挫などの怪我をするというスペランカー先生並みの虚弱体質である。
    • 4話のゆいちゃんの提供絵はエロい。黒ストペロペロ。
      • ちなみにゆいちゃんは縞パン愛用で靴下よりも先にパンツを脱ぐタイプである。
    • 失われた水分を求めて (劇中のミネラルウォーターCMより)
    • こっちでもさばげ部?が活動をしていた。本家に負けず劣らずゲスい。
    • 5話ラストで佳織ちゃんが主人公に夜這いをかけ住民の間でセクロスへの期待が高まったが、6話冒頭にて佳織ちゃんまさかの敵前逃亡。こんなんだから幼馴染は勝てないんだよ!
    • さらに7話で主人公の奏くんとゆいちゃんがいい感じになりラストカットではゆいちゃんに「この泥棒猫…」的な視線を投げかけていた佳織ちゃんであった。正妻の余裕(笑)なんてぶっこくからこうなるんだよ!もしかしたら病んで母親直伝の空鍋に手を染めるかもしれない。
    • 8話にてついに2回目のし…幼馴染生きとったんかワレ!でも植物人間に。7話から8話にかけての世界が幼馴染を全力で殺しにかかる流れは必見。
      • しかもゆいちゃんが不用意に奏くんに接近しすぎたのが佳織ちゃんがこうなった要因のひとつである。ゆいちゃんはポンコツだなあ
    • 翌9話にていきなりSF展開に。あまりの急展開に住民困惑。
    • さらに10話ではどの世界線でも幼馴染が死んでいるという驚愕の事実が明らかに。
    • なおストーリーギミック的には幼馴染大勝利→幼馴染死亡、幼馴染敗北→幼馴染生存というものだと推測される。…さすがに酷くないすか?(素)

グリザイアの果実

  • KBS京都 日曜 24時45分〜 10月5日〜
  • サンテレビ 日曜 25時00分〜 10月5日〜
    • KBS日曜深夜新設枠その3。SUNとは15分差とありがたくない被り方をしている。どうせ被せるならばエロスジのように同時刻にして欲しかったところ。
    • 今期のエロゲ原作アニメその2。関西未放送2作も含めたら今期中最もエロゲしている。
    • お兄様系主人公の風見くんと残念系女子5人の学園生活を描くシュールギャグアニメ…少なくとも序盤は。
    • さすがにエロゲ原作だけありパンツ乱舞、風見くんの「G自慰行為」発言など初回から飛ばしている。
      • 3話ではさらに女の子のガチオナニーを披露。これ地上波だよな…?
    • なお本編はオムニバス形式の模様。
    • 今期のお兄様系主人公アニメその1。こちらは見た目や言動がお兄様臭がすると住民の間で話題に。
    • ♪周防天音は淫乱だー男のベッドで身悶えるー
    • 睡眠の重要性!睡眠の重要性!
    • 今期のおもらしアニメその4。
      • しかも一度や二度ではない!最終回までおもらし!
    • 最終回にて続編「グリザイアの迷宮」「グリザイアの楽園」を発表。翌春からの放送。

神撃のバハムート GENESIS

  • サンテレビ 月曜 23時30分〜 10月6日〜
  • KBS京都 月曜 25時00分〜 10月6日〜
    • 今期のスマホゲー原作アニメその1。
    • SUNはキー局のMXを差し置いて最速。KBSはTVOのGF(カリ)とすまホゲイアニメ同士が被っている。
    • SUNでの放送スタートの前週である9月29日の同枠では前番組のさばげぶっ!?が早く終わったため穴埋めとして機関車C57形1号機の解体復元の番組をやっていたのだが、その中でC57をバックにこのアニメの放送告知テロップを流すという斬新すぎる番宣を披露。サンテレビはどこのウケを狙っているのだろうか?
      bahamut_c57.jpg
    • 主人公・ファバロは赤アフロ。イデでも発動するのかな?
      • ちなみに性格は清々しいくらいのクズである。そういや前枠の主人公もクズだったような。
    • ヒロインのアーミラちゃんは腹ペコかわいい。でも本物の悪魔である。
      • アーミラちゃんの中の人である清水理沙さんは音大の声楽科専攻でEDではその美声を存分に披露している。ちなみにオーケストラに混じってパーカッションで音響に参加していたりもする。声楽科パねえ。
    • ライバルキャラ兼ヒロインであるカイザルはリーゼント。CMでのファバロとのやりとりは実にホモ臭い。
      • ライバルキャラではあるが性格的にはこっちのほうがよっぽど主人公をしている。
    • みゆきち演じるリタちゃんはダウナーでロリババアかつゾンビ娘という属性過多っぷり。
      • 噛み付いた生物をゾンビにして操ったり、ロケットパンチをしたりと能力的にもかなりの万能である。
    • 4話にて巨大なカニが出現。サンクロをリストラされた恨みで巨大化したものと思われる。アーミラちゃん「おいしくない」
    • 放送前住民はソシャゲ原作と舐めきっており、ハードルは非常に低かったのだが作画のレベルが非常に高く、話やキャラ、音響などもハイレベルで本格的なファンタジーアニメに仕上がっており、初回放送後の感想はなかなか好評で、2話以降の評価も非常に高いものとなっている。
      • 作画のレベルがどんだけ高いかと言うと、映画のアニメに匹敵するレベルと断言していい。しかもそのレベルを毎週きっちり維持している。作画面の出来は間違いなくこれまで深夜アニメ全ての中から見てもトップクラスである。
      • 課金でかき集めたと思われる資金を大量に投入する採算度外視の贅沢なアニメになっている。
      • ある意味力の入れ方をちゃんと知っている有能が作っているアニメだと言えるだろう。アニメがコケると原作を巻き込みかねないし。
    • 委員会を組まずにゲーム会社単独製作なので、このアニメの製作自体が税金対策の散財説がある。まあ散財でこれだけのクオリティのアニメを作るというのも凄い話だが。
      • なお提供は貫禄の自社だけの1社提供である。
    • 7話目は総集編になることに。ファバロの中の人…総集編…うっ頭が
      • …とか言ってたら本当にコラボしてしまった。このコラボ理由もあっちが「総集編はもういやだ」のサブタイだったのを見てP.A.WORKSに持ちかけたという公式のフリーダムっぷり。
      • PAの偉い人「ウチは総集編やる予定無いから!水着回も無し!」
      • ちなみに総集編は最終回の放送時期調整のために最初から織り込み済みとのこと。上の画像にもあるとおり全13話で枠取りしてるしね。

オオカミ少女と黒王子

  • 読売テレビ 月曜 25時59分〜 10月6日〜
    • MANPA第1枠。少女マンガ原作でかな恵ちゃんが久々のヒロイン。
      • 周辺にビッチのような発言をしているところから「ああ、やっぱりね…」という反応が。
    • 嘘つきJKとドSなイケメン高校生の話。
      • そのイケメンがヒロインに向かっていきなり「狗になれ」と命令。完全にTNOKである。

暁のヨナ

  • サンテレビ 火曜 24時30分〜 10月7日〜
  • サンテレビ 火曜 24時40分〜 11月18日〜(10分繰り下げ)
    • 2クール。
    • 中華風世界のファンタ自慰アニメ。名前の響きが某国っぽいが気にするな!
    • 火曜姫アニメその1。
      • 想い人に裏切られて亡国の姫になるなど火曜の姫の中では一番真面目に姫をしている。
      • 主人公のヨナ姫を斎藤千和さんが演じているのでアニ関内ではちわ姫と呼ばれる。
    • 火曜の櫻井アワー第2幕。ここではヘタレの敵役をやっている。

弱虫ペダル GRANDE ROAD

  • テレビ大阪 火曜 25時35分〜 10月7日〜
  • 奈良テレビ 水曜 7時30分〜 2015年7月22日〜
  • テレビ和歌山 水曜 26時15分〜 2015年9月30日〜
  • びわ湖放送 日曜 26時30分〜 2017年2月19日〜
    • 第1期の続編。2クール。
    • 今期本編では目立ちそうにないアブさんもOPとEDでは存在感抜群です。
    • 2期ではある意味主人公の御堂筋くん。一方本来の主人公…。

繰繰れ!コックリさん

  • テレビ大阪 火曜 26時10分〜 10月7日〜
    • 前期大好評だった野崎くん?ばらかもん?を輩出したガンガン系列からの新たな刺客。掲載誌はガンガンJOKER。
      • そしてまたしても小野D主演。スクエニ小野D好きすぎィ!
    • 初回にていきなり主人公のコックリさんが逮捕される。逮捕シーンのキャプは汎用性が高くいろんなときに使われる。
      • 2話以降も狗がペドフィリアと呼ばれたり警報アラームを鳴らしたり…まるでロリコンの社会的迫害の動物園だな!
    • ヒロイン・こひなちゃん(CV:山田こと広橋涼さん)は好物のカップ麺をかぷめんと呼ぶ。この呼び方がクセになる住民が多い。
    • 火曜の櫻井アワー第3幕。ここでは変態の狗。ちなみに1時間半ほど前には敵同士だったちわとはこのアニメでは同一人物である*2。世間って狭いな。

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)

  • 毎日放送 火曜 26時30分〜 10月7日〜
    • アニメ特区第1枠。2クール。
      • 今期から火曜深夜に移転のMBS元月曜深夜枠。今期はKBSといい新規枠の開拓が多い。
    • 今期のサンライズ製ロボアニメその2。そしてPとしてガンダムSEEDシリーズでおなじみの福田己津央の名が…あっ(察し)
      • しかし嫁がいないときの氏は昔から割とまとも(?)な作品が多かったため、安定している…と思う。
      • ただし、いたる所に種シリーズのセルフオマージュが露骨に散りばめられている。もしかすると本当にやりたかった種シリーズをこれで実行しているのかもしれない。
    • 主人公のアンジュがのっけからガチのレイプをされるという凄まじいスタートを切る。
      • でも差別主義者的な一面を見せていたためあんまし同情はされなかった。
      • そして2話以降もレズセックスにクンニと、サンライズは何をしたいんだろうか?
      • ラッキースケベはノルマ。
    • 初回の段階ですでに相当アクが強く、好みはわかれるだろう。
      • 一部では「エロだけ拾って他は捨てていいんじゃね?」とも言われている。
    • 容赦のない死人の数とゲスそのものなナナニーの予告が意外と楽しい。
    • 2015年1月からは狗日々が始まり、同じくナナニーと宮野さんがコンビをやっているため、こっちを「汚い狗日々」とか呼ばれている。
    • 今期のおもらしアニメその2。おもらしきっかけで覚醒するのはなかなか新しい。
    • 火曜姫アニメその2。
      • ここの姫は火曜の姫の中では一番のクズである。そのためアニ関内ではクズ姫と言えばこのアニメのことだと認識される。

甘城ブリリアントパーク

  • 毎日放送 火曜 27時30分〜 10月7日〜
    • アニメ特区第3枠
    • TBS製作アニメ。KADOKAWA系なのでこっちはMBSで放送。今期は例年通り俺ツイとは放送が分断。
    • 原作は「フルメタル・パニック!」の賀東招二先生。
      • 金田朋子さんの声で「ふもっ」とか言いそうな何かが出て来るが残念ながら声は川澄綾子さん。
    • ナルシストの主人公である西也くんががんばってボロボロの遊園地を立て直す話。
      • ただし経営ものではなく、ドタバタコメディものなのでそれを念頭に置いておくといいだろう。
      • 遊園地が舞台なせいか実況中や雑談で関西の遊園地の話題がよく出る。
    • ヒロインのいすずちゃんは縞パン着用。でもTBSだから見せてくれない。おのれTBS。
      • そのお詫びかケツは見せてくれた。まあ妥協してやろうか。
      • ちなみにそのいすずちゃんを演じるのはエストちゃん?るう子ちゃんを演じる加隈亜衣さん。今までとは演技がガラッと変わっているため初見では判別できない住民が多かった。
      • 雑談でいすずちゃんが10発30円と言われるのは彼女が使用するマスケット銃の通常弾が10発30円なことに由来する。ロリは1枚7000円なのに凄まじい価格破壊である。
    • 火曜姫アニメその3。
      • ここの姫様ラティファちゃんはロリかわいい。ちっぱいのにマイクロビキニとか最高です!
      • ググるときはちゃんとフルネームでググるんだぞ!ラティファだけでググるなよ!
      • ヨゴレ部分をゲスコット達が引き受けてるためか一番きれいな姫様と言える。
    • 今期の顔ゲイ枠その2。畜生マスコットたちの豊かなゲス顔がみんなをお出迎えしてくれる。特区の後半はアカメとこれで顔ゲイアワーである。

棺姫(ひつぎ)のチャイカ AVENGING BATTLE

  • サンテレビ 水曜 25時30分〜 10月8日〜
    • 第1期の続編。分割2クールの後半。ただし全10話に短縮。
      • 角川アニメにはよくあることだから仕方ない。
    • 最後まで見る!絶対!
    • 白チャイカちゃんの円盤CMが血管がブチ切れそうなくらいのハイテンションに。

異能バトルは日常系のなかで

  • テレビ大阪 水曜 26時35分〜 10月8日〜
    • 中二病こじらせてたら本当に異能が手に入っちゃったという話。ラノベ原作。
    • よく伊能バトルと変換される。地図でも作るのかな?
    • 貴重なょぅι゛ょ枠千冬ちゃんがマジかわいい。会長もかわいい。

PSYCHO-PASS 2

  • 関西テレビ 木曜 25時58分〜 10月9日〜
    • ノイタミナ第1枠
    • 7月期に1時間11話?(-1話)で振り返った第1期?の続編。
      • 来年の劇場版公開は既に決まっているので「続きは劇場版で」という終わり方に間違いなくなりそう。

四月は君の嘘

  • 関西テレビ 木曜 26時28分〜 10月9日〜
    • ノイタミナ第2枠。2クール。
      • 後半は時間変動こそないものの、編成の都合でこちらが第1部に。3か月ぶりにまたしても上下逆転。
    • ノイタミナ作品としては初めて関西テレビが製作委員会に参加。30分作品としては11年ぶりの自社製作関与作品となる。
    • 裏のイズムが強力なためあまり実況はされないが、初回の実況レス数は木曜移行後最高記録を更新するなど、それなりに高評価である。

トリニティセブン

  • テレビ大阪 金曜 26時40分〜 10月10日〜
    • まさかの被り方をした「七つの大罪」がテーマのアニメその2。こっちはKADOKAWA系の漫画原作。
    • 荒廃した世界…魔法学校への入学?…うっ頭が
    • 初回は凄まじく展開が早かった。そしてスタッフロールに燦然と並ぶシリーズ構成・脚本吉野弘幸の名前…ダメみたいですね(諦め)
    • 今期の初回で幼馴染がし…ギリギリ生きてた!でも勝てそうにない!
    • 今期のおもらしアニメその3。おもらし!

SHIROBAKO

  • 毎日放送 土曜 27時28分〜 10月11日〜
    • アニメシャワー第4枠。2クール。
    • Another?以来の水島努監督×P.A.WORKSの組合せ。
    • 花咲くいろは以来のP.A.の「働く女の子シリーズ」第2弾。
    • アニメ制作の現場を描いたアニメ。
      • 初回放送前はどうせファンタ自慰としてゆるく描くものだとと高を括っていた住民が冗談半分でアニメーターの過労死などの黒い話をやるのかなと言っていたら、初回から相当ブラックに描かれていて住民を驚愕させた。それこそ「Anotherなら…」のオンパレードである。
      • ちなみに登場人物はメインキャラ達以外全員実在人物がモデル。特に声優陣はモデル本人が直接演じているので判りやすい。
      • 登場人物が非常に多いため、6話までは毎回名前の字幕が入り視聴者に優しい。以降は新たに登場した人物のみ字幕が入る。
    • 「えくそだすっ!」等の劇中で制作中のアニメ本編は円盤の映像特典として特定巻に収録。
      • 向こうの世界のアニ関では1話からナチュラルに「え?クソ出す?」って呼ばれてそうである。
    • 車の走行シーンの作画が妙に凝っており、完全にイニDである。
      • なお法定速度はきっちり守っているようだ…メーター壊れているんじゃないかこれぇ?
    • タロー死ね。
      • タロー「俺は頭の中だけでも大丈夫ッスよ!!」一同「黙れよタロー
      • タロー「すげー絶対この中に最凶最悪の疫病神がいるんスよー」一同「お前だろ!!」タロー「マジッスか?」
      • そのタローこと高梨太郎は若かりし日の水島努監督(本作の監督)がモデルとのこと。
      • タロー「総集編?はもういやだ」(MBS未放送の3話予告より)
      • 5話ではそのあまりのダメ社会人っぷりにさすがの住民も堪忍袋の尾が切れ、第1回太郎死ね祭りが開催され、スレが太郎死ねで埋まった。…実際どのくらい太郎死ねのレスがあったんだろうか?
      • そんなこともあり太郎死ねはこのアニメの実況における合言葉になった感がある。
      • しかし進行頭になった第2クールからはタロー以上のウザい・クズいキャラの登場によりトラブルメーカーからムードメーカーに。後輩2人に調子こいた発言をしてはみゃーもりデスクに釘を刺されて素直に謝るのはもはや様式美。
    • 監督も死ね。
      • ちなみにこの木下誠一監督はガンダムOOはなまる幼稚園などの水島精二監督がモデル。努監督とは同業者かつ同姓にして同学年だが血縁は無い。
      • しかしリアルでは互いを兄貴と呼び合う程親交が深く、ハロウィン時には精二監督本人が木下監督のコスプレを行っていたりする
      • 5話ではとうとう絵コンテを仕上げるまでBUTABAKOに隔離された。終わり次第タローもBUTABAKOにぶち込んで欲しいところ。以降は自主的に収監しながら途中トランザムを使ったりして描き上げた。
      • こちらもBUTABAKO後は真面目になっている。
    • 編集死ね。氏ねじゃなくて死ね。
      • 変な話、第2クールでは「サンジョ」原作側の無能編集・前野?茶沢が万策を尽きさせる障壁として序盤からムサニに立ちはだかる。
      • 原作者との連絡をろくに行わず、作業が進んだ段階でキャラデザリテイクが入り振り出しに戻され、最終的に1ヶ月のロスを引き起こした張本人である、変な話。
    • 平岡死…ななくてもいいかもしれない。
      • 第2クールから中途採用でムサニに転職してきた平岡は正論だがトゲのある口調&普段はほとんど出社しないため、タロー以上のウザキャラかと思われていたが、回が進むごとにツンデレ疑惑が浮上。
    • 第1クールではほぼ毎回万策が尽きるアニメだった。その発言の主・本田デスクは「えくそだすっ!」完成を最後に業界を去る事に。
      • 第2クールからはみゃーもりがデスクの座を継承、何話目から万策が尽きるのか注目。
      • 17話では激痩せし別人と化した本田さんの姿が。第2クール序盤でもケーキ屋に転職した姿を見せていたが、体型はムサニ在籍時と差が無かった。本人や総務の興津さんは「万策が尽きなくなったから」らしいが、それって糖n…
    • 今期の顔ゲイ枠その3。メインキャラの1人・宮森あおいちゃん(みゃーもりorおいちゃん)が刻一刻と変化する過酷な現場環境に対し色んな表情を見せてくれる。たまに現実逃避して脳内人形劇を始めることも。
      • なおおいちゃんは住民の間でくさそう系ヒロインとしての地位を確立している。顔もどことなくもう一人のくさそう系ヒロイン?と似ているような…。同じワーナー系だし。
        あっちでSHIROBAKOのCMが流れるたびに「ジェイ森」だとか「ジェイミーちゃんが制作進行に」だとか言われていた。
      • 後にメインキャラの一人である絵麻ちゃんの住まいが風呂無しのアパートであることが判明。くさそう系女子が増える。
      • そのため、雑談において体臭の話になるとこのアニメの話題になりやすくなっている。
    • 6話ではネット配信において、権利上の問題でアーカイブ動画の一時配信停止措置が取られ一部シーンが差し替えられた。
      • しかしそんな事に臆せず11話ではモザイク入りで権利者チキンレースを展開。
    • P.A.WORKSの社長曰く「17話は水着回」とのこと。バハムートコラボの番組の内容はデマだった事が判明(棒)
    • なおMBS放送版では他局と異なり尺の都合で提供画面と予告がカットされている。
      • これは本編が他アニメに比べ約30秒長く、MBSとしてはCMを減らしたくないので提供と予告が削られた。ちなみに本来流れる予告は、一枚絵にサブタイを呟くような手抜きではなくちゃんとしたものが作られている。
    • 2014年内の12話をもって最高の形でえくそだすっ!編が完結、年明けの13話よりキービジュアルが変わり第三飛行少女隊編に突入。
      • その「サンジョ」は野亀武蔵先生ことモデルの野上武志先生本人が劇中劇のキャラ原案を担当するという本格ぶり。
      • 新たに制作進行としてメッシュちゃんこと安藤つばきちゃんと、片道2時間さんこと佐藤沙羅さんがムサニに入社。この2人については11話にて面接の様子が描かれている。また、原画マンとして久乃木愛ちゃんも「サンジョ」から合流。
      • 中でも久乃木ちゃん(CV:たんぽぽちゃん?)は極度のコミュ障で小動物かわいい。先輩の絵麻ちゃんが通訳を担当する。なお、18話予告(MBS未放送)ではサブタイをちゃんと喋った。ちなみにくぬぎちゃんが絵麻ちゃんに懐いている理由は絵麻ちゃんが発するケモ臭に野生児であるくぬぎちゃんが懐かしさを感じているからという説が一部住民の間で提唱されている。

曇天に笑う

  • びわ湖放送 日曜 23時30分〜 10月12日〜
  • サンテレビ 火曜 24時00分〜 10月14日〜
    • 日テレ系。琵琶湖が舞台の和風ファンタ自慰系ホモアニメ。
      • 琵琶湖が舞台なので、いつものSUNに加えBBCでも放送。しかもSUNより速く日テレに次ぐ関西最速放送。
      • ただしそれでも8日遅れで、日テレオンデマンド以外のネット配信も最速から1日後と日テレ以外のTV放送の扱いが悪い。
      • 日テレ系統のアニメのせいか開始が2分くらいズレる。ただしマンパとは違ってサンの編成には日テレは口出しできないため、放送が終わればわずか1分後(12月以降は園田競馬ダイジェストが入るため+10分)に次のちわ姫が始まる。
    • 前期はたくさんあったホモアニメだが今期は純粋なホモアニメはこれだけである。
      • 主人公の三兄弟の中の人は中村悠一さん、梶くん、代永翼さんというある意味非常にガチな面子。一人は前期ガン掘りされたし…
    • 制作はましろたん?野崎くん?の動画工房。
    • 今期のお兄様系主人公アニメその2。こっちは3兄弟の長男の中の人が一致。ただし性格だけ異なり、自分自身を「お兄様」と言っちゃうくらいのお茶目な性格。
      • 4話にてお兄様がチ○コを披露。隠し方はアザゼルさん的なモザイクであった。これにはホモ関民大興奮。
      • そんなお兄様も自身がオロチの器であったために自ら刑死を選ぶことに。
    • 次男もそらまる(空丸)という名前だが、クズだったりにっこにっこにーしたりしない。
      • ちなみに中の人はまた梶くんである。幼馴染には警戒が必要だろう…と、言っていたらお兄様が山狗のメンバーと幼馴染であったことが判明。肉親であっても幼馴染には容赦ないのか(困惑)
      • 3話にして幼馴染殺害の罪で自首、投獄される。次の回で釈放されたけど。
      • お兄様が死んだ後、能登忍者を口説きだす。お兄様が死んでノンケになったらしい。
    • 火曜の櫻井アワー第1幕。ここでは曇天3兄弟に仕えるホモ忍者。ホモなので女には厳しい。
    • ノンケ対策か美人も多い。能登忍者エロいよ能登忍者。
    • 滋賀県民舐めんな!

俺、ツインテールになります。

  • サンテレビ 日曜 25時30分〜 10月12日〜
    • 今期のSUN送りされたTBS製作アニメ。
      • CBCとBS-TBSの放送がTBSの同じ枠に対し1週繰り上がって遅れが解消したことにより、関西の放送がBSより遅くなるアニメがまた増える事に。
    • タイトルの通り、ツインテフェチの主人公(♂)がツインテの女の子に変身(体型も大きく変わる女体化)する変身ヒロイン(?)もの。キャストも変身前後で2人用意されている。
      • 変身前の総二を担当するのは島崎信長さん。なお総二は極度のツインテールフェチでプライベートでもテイルレッドに変身し自分自身のツインテールで自慰をモフモフしてしまうほど。しかし変身後の自身含め女体には一切興味を示さない。
      • 変身後のテイルレッドの担当はすみぺ。ティッタちゃんといいツインテールに縁のあるすみぺである。
    • テイルブルーこと愛香ちゃんは今期の幼馴染の中では一番大勝利の目がある。暴力系ヒロインだがいわゆる理不尽暴力ではなく、エロイベントが発生した場合、被害者たる総二ではなく元凶の痴女・トゥアール(CV:まれいたそ)に暴力を向けるため好感度は高い。
      • 変態が多いこのアニメで数少ない視聴者と同じ目線でつっこんでくれる貴重な幼馴染である。
      • なお胸は…
      • 巨乳属性の組み込まれた新作テイルギアを普段は顔面をグーで殴るトゥアール相手にマジ泣き土下座で懇願していた。なおテイルオンした結果は…
    • 前期に引き続き、またしても玄田哲章さんが仕事を選ばなかった?
      • 他にも怪人サイドがデカマスターこと稲田徹氏を筆頭にモモタロス、勇者王などそうそうたる顔ぶれ。そして全員がツインテール愛を主人公たちに向ける。皆さん頼むから仕事選んでください。
    • 完全なバカアニメで初回はサンながらスレも伸び、感想もなかなか好評だった。微妙もといクセのある作品の多いTBS前半枠アニメとしては上々の出だしと言っても良い。
      • 基本的には変態だらけのバカアニメなのだが、特撮やプリキュアと言ったニチアサテイストもふんだんに取り入れられており、熱いシーンは非常に熱い…まあ根本的な部分が決定的にズレてはいるが。まさに大の大人が大真面目にバカをやって作られたアニメであると言えるだろう。
    • と、話は評価される一方、作画が非常に不安定。
      • 序盤でもちょいちょい怪しいところはあったが6話、9話の作画は完全に崩壊しており、当該回のスタッフロールを見る限り海外丸投げのようである。えくそだすより万策尽きてるとはたまげたなあ…
      • なお9話にはブルーの股間部分が塗り忘れられ、股間が肌色になっているカットが存在する。でもこれで勃つ住民はさすがにいない模様。…いないよな?(確認)
      • 後にニコニコにて6話をリテイク版に差し替えた1〜6話振り返り放送を実施。この流れだと9話もリテイク地獄必至だろう。
      • そして10話も…もはや何も言うまい。
      • 主人公が女体化する11話・12話においては作画は復調したため、こっちに作画を注いだのではという意見でだいたい固まる。
      • ちなみに本放送終了後に流れた円盤のCMでは円盤にリテイク版の映像を収録することを大々的に宣伝していた。作画の悪さを売りにするのか…(困惑)
    • 今期のおもらしアニメその5。

結城友奈は勇者である

  • 毎日放送 木曜 26時19分〜 10月16日〜
    • アニメイズム第2枠。自慰連呼と同じく初回は2話連続放送。
    • ラノベ原作っぽいが、オリジナルアニメ。アカメ?と同じプロジェクトの一環で作られたものらしい。
    • 放送前から大々的な宣伝をうっているが、住民はフラグだとしか思っていない。
      • 監督・脚本が岸、上江洲という当り外れが極端すぎるコンビというのも大きな不安要素。なおこのコンビ、イズム枠では2連敗中である。
    • 普通の中学生が勇者となり世界を守るバトルものだが色んなシーンが…すごく…どこかでみたことあります…
    • みもりん演じる東郷さんはスナイパー。ああ東郷ってそういう…
      • そのため雑談では記憶が戻れば俺の後ろに立つなと言い出す、眉毛が太くなるなどのネタにされている。
      • 東郷さんの2つの超中学生級ぼた餅が半端ない。
      • 作中の描写を見る限り東郷さんが一番ガチである。そのためゆーなちゃんを攻略しようとすると東郷さんに狙撃される可能性があるのではと恐れられている。
    • 最速で全国的に注目されていた+初回補正なのもあり、初回の2話連続放送はどちらも3K越えかつ2話目は3300レスの大台を記録。
      • ちなみに3kから落ちた3話から5話まではレス数が3週連続で2870を記録するという謎の安定感を誇る。
    • OP・EDは今のところ回が変わるごとに変化していくスタイル。3話で5人目が追加されたが、OPでは追加くるのだろうか。
    • 日常描写も多いが製作サイドがかなり不穏な空気を醸し出しており、住民たちはいつ誰が死ぬのか戦々恐々としながら実況している。
      • 3話で追加の自称チョロインのにぼっしーこと夏凛ちゃんは存在及び言動が死亡フラグそのものだったため、登場した次のシーンから死ぬ死ぬ言われだした。なお彼女はEDには追加されたがOPにはいない…あっ…(察し)…と言っていたら5話でようやくOPにも追加となった。
      • そんなこと言ってたら4話でメインキャラの犬吠崎姉妹が二人揃ってフラグを立て始める、しかも割と積極的に。やめましょうやあ…
      • 5話にて敵を全て倒し、全員生還したが勇者の奥の手・「満開」を使った4人に何かしらの障碍が残るというきな臭さを残した展開に。まるで不発弾を抱えて走っているようなアニメである。やめてくれよ(懇願)
      • 犬吠埼妹は声を失うことに。中の人のギャラは…?
      • そして8話では前日譚「鷲尾須美は勇者である」の登場人物・乃木園子ちゃんの現在の姿に全国の視聴者を阿鼻叫喚の嵐に陥れた。
    • 円盤1巻の特典としてエロゲPC用ゲームが付く。しかしタカヒロ氏の前歴からお察しの通り、サンプルボイスや画像から様々なパロネタが見受けられる。
      • 普通の女子中生が【ろこどる】やってみた。?(東郷さんのサンプルボイスより)
      • 他にもかぷめんだとか睡眠の重要性だとか。おそらくゆうしゃぶ!?も。
    • 僕らの鈴木アナも見ているよ!

ガールフレンド(仮)

  • テレビ大阪 月曜 25時15分〜 10月20日〜
  • 奈良テレビ 金曜 25時35分〜 10月24日〜
    • 元々は10月13日スタートだったが何故かテレ東以外の局でスタートが1週間ずれることに。そのためTVOでは2週続けて同じ内容のアニメマシテを流すという意味不明な事態に。2週続けてnmkwとあけこを実況することになった住民は大いに困惑。
    • 今期のスマホゲー原作アニメその2。
      • KBS放送の神バハとはすまホゲイ原作同士が被っている。だから作画の比較はやめロッテ!
      • ゆえに製作資金の主な行き先は神バハ→作画、カリ→声優のギャラというふうに言われている。
    • 放送開始に先駆けて同じ時間に特別番組を放送。
    • キャラが多い上に中の人が全部異なるため、キャストの数が凄い事に。
    • インパクトの点ではアニメ化前から有名だった丹下桜さん演じるクロエ・ルメールちゃんしか分からない人も未だ多数。なあに、これから覚えていけばいいのさ。
    • 話の中心になるのはしゅが演じる椎名心実ちゃん。
      • 心実ちゃんは新体操部所属。新体操(仮)…
      • クロエちゃんの心実ちゃんの発音は明らかに「こ↑こ↓みさん」である。
    • 2話はヒロさん回だった。クロエちゃん熱いヒロさんディス。
    • 5話にてミス・モノクロームが出演。モノクロームさんは原作のほうにも参加しているのでアニメに出てきてもなんら不思議はない。前期はホモアニメ?、今期はレズアニメと忙しいモノクロームさんである。いい加減関西でやれ。
      • しかしここのモノクロームさんはなんか違和感がある。作画のせいだろうか。
    • OPは非常に不安定である。ガーン掘れ♡

蟲師 続章(後半エピソード)

  • 朝日放送 水曜 26時44分〜 10月22日〜
    • 水もん第2枠。
    • 前半エピソードの続編。分割2クールの後半。
    • 放送開始に先駆けて同じ時間に特別番組「蟲語」と特別編「棘のみち」を放送(MXとBS11では8月に放送済み)。
    • 前半は最速局が金曜深夜だったのが土曜深夜になったため相対的に遅れが1日縮まったが、相変わらず地上波では放送が最も遅い。

寄生獣 セイの格率

  • 読売テレビ 月曜 27時12分〜 11月3日〜
    • MANPA第3枠。2クール。
    • 最初はマンパに来るもんだろうと楽観視されていたが秋クールに近づいても放送時間の発表がなく、一時は放送自体が絶望視されたが10月末に終わるハンタの後に入ることが決定。
    • 往年の名作「寄生獣」のアニメ化だが、放送前から色々と物議を醸し、見えている地雷扱いされた。
      • 「ミギー:平野綾」は中々の破壊力である。また現代風にされたキャラデザも好みの分かれるところ。

テイルズ オブ ゼスティリア 導師の夜明け

  • KBS京都 火曜 21時00分〜 12月30日
    • 1時間放送。

再放送

戦国乙女〜桃色パラドックス〜

  • KBS京都 水曜 25時00分〜 10月1日〜
    • 本放送は2011年4月期にTVOで放送
      • KBS京都での放送は初だが、例のごとくアニ関的には再放送扱い。

夏色キセキ

  • サンテレビ 金曜 24時55分〜 10月3日〜
    • 本放送は2012年4月期にMBSイズム枠で放送
      • サンテレビでの放送は初だが、例のごとく(ry

探偵オペラ ミルキィホームズ

  • サンテレビ 土曜 22時00分〜 10月4日〜
    • SUN土曜22時台のブシロード枠第1枠。第2枠はミルキィホームズ(ユニットの方)の情報バラエティ番組「みるみるミルキィ」。なので今期は丸々1時間ミルキィ地獄枠となる。
    • 2015年1月開始の第4期に先駆けて第1期を再々放送(前回はよりぬき?だったけど)。
    • 12月27日の同じ時間にサマースペシャル(MBSで2011年7月期に本放送)も再放送。
      • サマースペシャルのサンテレビでの放送は初だが(ry

ウィッチクラフトワークス

  • サンテレビ 水曜 24時30分〜 10月8日〜
    • 本放送は今冬にABC水もん枠で放送?
      • サンテレビでの放送は初だが(ry
    • 2015年1月に新作OAD収録の原作コミック発売に先駆けての放送。
    • 偶然なのか狙ったのか、魔女(っ娘)アニメ?の後番組も魔女アニメの再放送に。
      • るるもちゃんに対してボディのメリハリがつき過ぎの火々里さんである。
    • 再放送かつSUNなのであまり伸びないがEDは盛況である。ビッチ!ビッチ!
      • また初見組も少なからずいる模様。
    • バンビジュ繋がりかよくラブライブの円盤のCMが流れる。そっちのほのかじゃねーぞ鈴木ィ!

極黒のブリュンヒルデ

  • 読売テレビ 月曜 26時37分〜 10月13日〜
    • MANPA第2枠
    • 本放送は今春に同じ枠で放送
    • BSでも再放送。某番組の2クール目が前後編になったことが唐突な再放送の理由とされているが、真相は不明である。
    • 今期の初回で幼馴染が死ぬアニメその3。まあ生きてたけどさ。

*1 一応は提示されていたが、その理由では不釣り合いなくらい行動が苛烈であった
*2 性別と姿がコロコロ変わるキャラなので男体のときは櫻井、女体のときはちわがそれぞれ担当している

添付ファイル: filebahamut_c57.jpg 536件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-29 (月) 17:50:02 (50d)